里山を歩く ~壺笠山編~


壺笠山頂上421メートル。

見晴らしはききませんが、壺笠山城の古戦場跡として歴史ファンには良く知られた場所です。

東海自然歩道分岐から壺笠山山頂へ


(登り 約30分)

壺笠山山頂から平子谷林道へ


(下り 10分)

 壺笠山城は、浅井・朝倉連合軍がここに拠り、織田信長が苦戦したことで知られる古戦場跡です。この地は、京都一乗寺と近江坂本を結ぶ「白鳥越えの道」を押さえる要衝でした。

 今日残る城壁は、明智光秀が修復したものとされます。